オーナー・法人 オーナー様の記事一覧

MASTのシャーメゾンとは・・・

シャーメゾンとは、積和不動産のMASTが管理する積水ハウス施工の賃貸住宅ブランドです。
積和不動産の確かなサービスと積水ハウスならではの高品質な物件と共に、
ステキな暮らしを実現するためのスタイルプランをご提案します!
千葉・神奈川・埼玉で行政指導が発表される

 東京京都の賃貸住宅紛争防止条例施行からおよそ2カ月が経過しようとしている。賃貸管理業界に激震をもたらした条例を各社はどのように受け止めているだろうか。また、東京以外の業者への影書も合わせて取材した。
特養と有料老人ホームの格差なくす方向に

 2005年に通常国会に提出、2006年度からの実施を目指している介護保険制度の改正で、従来の有料老人ホームの定義が変化する。厚生労働省は、特定施設の範囲を拡大する方針を発表した。これにより、今まで高齢者向けマンションとうたっていた施設についても届け出が必要となる。高齢者と賃貸住宅の最新動向に迫った。
自然損耗に強い建材を選択・導入することが大切

 原状回復に関する費用は貸主が負担する、という声が聞かれるようになった。10月1日に施行された「東京ルール」では、すべてではないが通常損耗については原則貸主が負担することが明記されている。費用負担が避けられない状況になった今、東京ルールの対策商品などを紹介する。
無断で鍵付け変えると侵入罪に該当することも

 日頃行っている管理業務が、実は違法行為だった…。知らず知らずのうちに法律に反した行為を行っているオーナーは、実は少なくない。あなたの賃貸経営に違法行為はないだろうか。個々のケースを検証してみよう。
 ついに敷金だけでなく、礼金まで取れなくなる日が来た。先頃更新料の支払いを拒否して住み続けた入居者に対して家主が支払いを求めた訴訟で、更新料の支払い拒否を認める判決が下された。商慣習に変化の兆しが見え始める中、この判決が賃貸業界に一石を投じることになるのか。裁判の詳細と業者、弁護士の声を追った。
 敷金精算のルールを定め、注目を集めている「東京ルール」。その一部が盛り込まれた条例が可決された。10月1日から施行される予定だ。注目を集める動きを取材した。
 昨年2003年はオーナーの皆様にとってどのような年でしたでしょうか。また、新しい未来をどのように築いていけばよいのか昨年を振り返りながら今年の飛躍のヒントを探ってみたいと思います。

◆昨年よく聞かれた言葉は「光ファイバー」
 情報化時代の到来でインターネットでのお部屋探しも数多くなりました。携帯電話からも、「イサイズ(インターネット)で見ました」との声もたくさん聞きました。これからはやはりインターネットははずせません。オーナー様の設備に「光ファイバー」も考えなくてはならない時期が来ていますね。
◆次によく聞かれたのは「ペット同居可」
 今や三世帯に一世帯はペットを飼っているという空前のペットブームとのこと…

 昨年2003年はオーナーの皆様にとってどのような年でしたでしょうか。また、新しい未来をどのように築いていけばよいのか昨年を振り返りながら今年の飛躍のヒントを探ってみたいと思います。

◆昨年よく聞かれた言葉は「光ファイバー」
 情報化時代の到来でインターネットでのお部屋探しも数多くなりました。携帯電話からも、「イサイズ(インターネット)で見ました」との声もたくさん聞きました。これからはやはりインターネットははずせません。オーナー様の設備に「光ファイバー」も考えなくてはならない時期が来ていますね。
◆次によく聞かれたのは「ペット同居可」
 今や三世帯に一世帯はペットを飼っているという空前のペットブームとのこと…

 いつも満室の金持ち家主Aさんと、空室が目立つ貧乏家主Bさん。2人の違いは、物件の付加価値を高める努力にあった。
 厳しい競争を勝ち抜いていくためには、入居者に好まれる設備やサービスが必要になる。時代に乗り遅れないためにも、満室稼働を実現している勝ち組家主の新常識をチェックしよう。

「時代が変わった。ライフスタイルが変わった」
貴方も消費税の納税義務者になる?
 人が寄ってくる建物にはどういうものがあるだろうか。ペットを飼える物件が少ない点をついてペット可にしたり、古い建物をリフォームして新しくすることで入居率を改善したりと、工夫は様々だ。こうした事例を各不動産業者に取材した。入居者のニーズをふまえた物件づくりを心がけたい。
敷金トラブルによる少額訴訟が増えている。東京都簡易裁判所で起きた訴訟は、前年と比較して約100件多い513件にも上っている。賃貸人側が劣勢の中、判例を基にトラブル回避できる契約書の作成方法に迫る。
 学生が部屋を決める際、重視しているのは何か。アットホームの首都圏350人を対象にしたアンケート調査結果によると家賃はかなり最重要視されるが、その他の条件では男女で大きく違いが出た。
 昨年10月に関西地域で敷金問題研究会(大阪府大阪市)が敷金の返還を求めて一斉提訴を起こした。これに注目した各メディアが続々と敷金について取り上げるようになった。こうした事態を迎えて今後、入居者から預かった敷金は返還することが当たり前になる時代になったといえるかもしれない。新たな敷金返還問題と各管理会社やオーナーの対策について取材した。
 企業の社員寮が減少の一途をたどる今、法人をターゲットにした家具、朝食付きのサービスアパートメントを利用した動きができている。法人需要を取り込んだこのサービスアパートメントの現状を追った。
昨年の侵入盗犯罪認知件数は30万3698件で10年前の3倍増に!!

 カム送り解錠という新手の侵入手口が判明し、各鍵メーカーはその対応に追われている。ピッキングによる被害も相変わらず耳にする。さらには鍵の性能を無視して解錠するサムターン回しという手口もある。そんな中侵入盗による被害はますます増加していることが警察庁の調べで明らかとなった。その内容をリポートする。

築30年の物件を改装し3割の空きが満室に

 今や物件は供給過多気味である。そのような状況下、何も手を加えないで只募集をかけていたのでは入居者は寄ってこない。明確な物件としての個性が必要である。リフォームからロフト付きの物件まで様々な物件を集めてみた。

節税だけではなく入居者の最新ニーズに合わせ設備更新できることが最大の利点
 設備機器が古くなってきたのでリニューアルしたいが、まとまった資金が用意できない...
 こう悩むオーナーの間で注目を集めているのが、メンテナンスリースだ。

敷金は全額取り戻せるが新常識に

 原状回復をめぐるトラブルが多発している。入居者からの敷金返金請求が増加しているのだ。貸す前の状態に復帰させるべきと考える多くの家主と、そこまで負担するのはおかしいと感じる入居者との溝は大きい。裁判の多くでは、修繕費用が家主負担となっている。実際の判決では何が争点となったのか。どう判断されているのか、実際に起きた裁判事例を通して原状回復トラブルの現在を追う。
Q 家賃払わぬ店子に用はなし

 今まで我慢してきましたが、どうにも家賃滞納者の態度に我慢が出来ません。すぐにも、滞納家賃を回収して出ていってもらいたいのですが、具体的にはどのような手続きを取ればよいのか教えてください。
 リクルートが平成14年1月に関西エリアで行ったアンケートと「週間CHINTAI」で行った入居者アンケートを基に入居者の希望ニーズを拾ってみたい。
 築年数を経た物件はどうしても入居率が低下してしまう。そこでリフォームの検討となる。しかし、果たしてどれだけの費用対効果を見込めるものだろうか。今回の事例の中には、和室を洋室にしたり、設備を取り替えたりといった簡単なものからビルの用途変更、装改築までさまざまだ。事例を参考にしてリフォームの検討に役立てて欲しい。
 日本賃貸住宅管理協会から最新の「賃貸住宅市場動向調査リポート」が発表された。この中で東京が依然として高い平均賃料、入居率を保っているものの、賃料が徐々に低下していることがわかってきた。
 また、地方では賃料、入居率ともに厳しい実態が浮かび上がった。その内容を紹介する。
 シーズン真っ最中、各社客付けにてんてこ舞いのなか、今、原状回復トラブルが頻発している。インターネットやテレビ番組で敷金返還についての交渉術が広まっていることが一因となっているようだ。ちまたで起こったトラブル事例と対策を紹介する。
 不動産総合サービスのA社(東京都大田区)が学生を対象とした「部屋探しに関するアンケート」調査結果を発表した。首都圏の大学生が希望する賃貸住宅の家賃・住居形態・間取り・設備など、今のトレンドが明らかになった。詳細を報告する。
 立退料はどのように決まっているのだろうか?新家賃の○カ月分、いや旧家賃の○カ月分、などとその金額設定はさまざま。入居者の中にも足元を見て少しでも多くの金額を得ようと請求してくるものもいる。これをいかに安くするのか。経験者だけが知る成功ノウハウを紹介する。
 「駅から遠いから」、「古い木造アパートだから」-。空室が続いた時、こう諦めていないだろうか。他には築40年でも満室になっている物件もあるのに-。悪条件はリフォーム次第で克服は可能なのである。ここでは、リフォームによってハンディを乗り越えた事例を紹介する。今後のアパート経営に役立ててもらいたい。
入居率アップのために付加価値としてPR

 ペットと住める物件のニーズが年々高まりつつある。アロマテラピーやヒーリングなど「いやし」に注目が集まるなか、動物を飼うことでやすらぎを求める人が増えてきたのだ。それに対応してペット可物件も次々と市場に出てきた。
ここ半年で稼働物件数は1万4000戸増加
 安い、簡単、便利。部屋の借り方が大きく変わろうとしている。週貸し、月貸し単位、あるいはホテル感覚で住める住宅が今大流行だ。テレビ、冷蔵庫など家電も備わりカバン1つでいつでもどこでも入居できるものなど手軽さが売りのマンスリーマンションを運営する会社を取材、最前線をリポートする。
ピッキング被害4年間で100倍に!
 今年3月に国土交通省住宅局から「防犯に配慮した共同住宅に係わる設計指針」が出された。また警察庁からは「共同住宅に係わる防犯上の留意事項」も出された。今回、この2つの指針が策定された背景にはマンションでの犯罪発生件数が大幅に増加している事が大きな理由となっている。侵入盗で見ると平成10年の1万3534件が12年には3万3308件に増加している。つまりたった2年で実に2倍以上になっているのだ。では、犯罪被害に遭わない共同住宅をつくるにはどうしたらいいのか。検討してみた。
 前回にも何度かトラブル事例をご紹介いたしました。今回はPart2として、私共もビックリするような事例をご紹介させていただきます。これを見るといかに入居者の選別が大事であるかということが思い知らされます。
借り手市場といわれているなか入居待ちが続出しているのが「ペット共生型物件」だ。市場に出回っている物件数が圧倒的に少ないのがその理由だ。しかし、鳴声や臭いの問題などトラブルも絶えない。高い入居率をキープするために各オーナーはどのような対策を講じているのだろうか。
 最近の賃貸市場では様々なサービスで集客を図る業者が出てきた。そこで今号では、礼金・敷金など一時金のシステムに工夫を加えたり、付帯サービスや、あるいは短期貸しなどで新しいサービスを行っている業者を取り上げてみた。
 入居者ニーズが多様化していると言われているが、入居者自身も近年いろんなタイプの人がいるようだ。原状回復リフォームを巡るトラブルはもちろん、滞納、夜逃げなどこれまで経験したことのない事件を抱えて困っている業者が多いという。今回は借主を巡る事件簿を特集、改めて入居審査の見直しを図る必要がありそうだ。
 1月より賃貸仲介で最大手のエイブル(東京都港区)が借主からの仲介手数料を一律0.5カ月分に変更したことで、市場にはさまざまな波紋が広がっているようだ。同様に借主0.5カ月とした業者はおろか、全額無料に踏み切るケースも現れた。
 埼玉県入間市は人口約15万人。池袋まで西武池袋線で45分の場所に位置する。ベットタウン的機能を有するため、新築の分譲マンションが次々と竣工されている。人口は増加しつつあるが、「借りるより買う」傾向が強いため賃貸業者は頭を痛めている。今回はそんな入間市にスポットをあてレポートしたい。
 現在の入居者最新ニーズは、バス・トイレ別、フローリング、ガスキッチン・・・etcと言われるが、はたしてそれだけだろうか。今回の特集は毎日ユーザーを物件に案内、部屋探しのアドバイスを行う仲介現場から担当者達が本当に顧客が求めているものについてあらゆる角度から語ってもらった。これから物件を建てる人、リフォームを検討しているオーナーは是非ご参考にしてほしい話ばかりだ。
 銀杏の木が色づき朝夕はめっきりと冷え込んで参りましたが、オーナーの皆様にはお元気でお過ごしのことと思います。
 さて、昨今のペットブームで、ペットとの同居を希望している方が増えているようです。総理府の統計では4割の人が老後のパートナーとしてペットを考えていることがわかりました。また、若い方でもワンルームで猫を飼いたい、小動物(ハムスターやフェレット等)を飼いたいという声を聞きます。
 しかし、実際には賃貸では、まだまだペットを飼える物件は少なく、場所・賃料・設備等の条件をあれこれ選べるところまではいかないようです。
 そんな中でペット可物件で成功している例をご紹介いたします。

 自社ホームページを立ち上げることはもはや業界の常識になった。ネット経由による問い合わせや反響も日を追うごとに増加する中で注目されているのは、どうやってアクセス数を増やすか、だ。少しでもユーザーの気を引くように各社それぞれ特長を生かしたHPづくりに励んでいるが、今回は特に、ちょっとした一工夫が功を奏し成果を上げる業者を紹介してみたい。
防水機能が劣化して壁面に黒いカビが表れたら要注意!!
 賃貸物件における外観の体裁は、入居者や入居希望者にとって部屋を決める場合の大事な第一印象の材料だ。メンテナンスといっても、塗装やタイル・洗浄など色々な方法がある。室内と違い、ある一部分だけを施工するという事ができないため、一回にかかる費用は高い。耐久性や低コスト化などが求められる中、今回は各社の取り組みを一部紹介する。
 犯罪が増加することでセキュリティへの関心が高まってきている。入居者個人の所有物ではない賃貸住宅だからこそ管理会社やオーナーの入居者に対する安全面への配慮が必要となってくる。
 各メーカーでは賃貸住宅向けに安価で利便性の良い商品を次々にうちだしている。今回は、物件の価値を高め入居者の生活を守る様々な商品を紹介していく。

 生活消費者センターに寄せられる賃貸住宅におけるトラブルは年々増加傾向にある。去る9月20日~22日の3日間、日本賃貸住宅管理業協会(略 日管協)は、「賃貸住宅なんでもホットライン」と題して、電話による無料相談を行った。今年で5回目になる電話相談は、家主や入居者から、560件もの相談があり、居住者からの問い合わせが多い。その中の本年のトラブルの傾向をさぐりたい。
介護保険の施行を目前に控え介護サービスが活発化している。従来の福祉施設に加え、民間企業による高齢者向け住宅事業とも連携し高齢者のニーズに応じた良質なサービスが提供されつつある。高齢化社会を支える上で重要な生活基盤となる賃貸住宅の担う役割に焦点を当て、設備使用や施設運営などを取り上げる。
 60年ぶりの大改正となった定期借家法が施行されてすでに1カ月が経過しようとしている。新法を利用したビジネスについて、例えばシルバー事業を手掛ける企業が、高齢者の住む戸建て住宅の賃貸事業家に乗り出したり、短期貸しに注力してきた会社がマンスリー物件の拡大に着手したりするなど具体的な取り組みもさまざま出てきた。今回は、専門家に、今後予想される賃貸市場の変化についての意見を聞いた。
 全国どのエリアでも入居者の希望家賃は年々下がっているといわれいる。景気の低迷の影響をまともに受けているという訳だが、一方で、賃料を高くしても満室稼動している物件がある。必ずしも生活に必要な付加価値ではないが、より快適な生活を求めるために引っ越しを行うユーザーもいるほどの人気のある物件とはどういうものか見てみたい。
 良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法案において、定期借家制度を新たに導入することが予定されております。
 定期借家制度とは、借地借家法の一部を改正することにより、期間の満了によって、賃貸借が終了し、契約の更新がないこととする借家契約を新たに認めようとするものです。以下、主な改正点を簡単に説明いたします。